有機的な成長に加え、多数の戦略的買収によって成長は加速し、当社のサービス・ポートフォリオ拡大

  • 2017

    MAPI Groupを買収し、後期フェーズにおいて世界第2位の治験受託会社になる.

    日本において株式会社アイコン・ジャパンが、2014年よりICON傘下に入っていたナイフィックス合同会社を吸収合併する

  • 2016

    政府が支援する研究市場でのプレゼンスを拡大するために、Clinical Research Management Inc.を買収

    Genomics Englandが世界最大のゲノム配列解析プロジェクト支援に、ICONを選択

    ICHOMが世界初のグローバルヘルスケアアウトカム ベンチマークプログラム開発にICONを選択

  • 2015

    ICON設立から25周年

    臨床開発を進めるため、アイルランドに新しいグローバルイノベーションハブを創設

    マーケットアクセスおよびサイエンティフィックコミュニケーションを強化するためにMediMedia Pharma Solutionsを買収

    米国における臨床研究サイトの統合ネットワークであるPMG Research Incを買収

    医療機器および診断研究グループを発足

  • 2014

    アダプティブトライアルの設計と実行のマーケットリーダーであるAptiv Solutionsを買収。Aptiv Solutions買収に伴って、日本ではその子会社であるナイフィックスがICON傘下に加わる

  • 2013

    スタッフとFSP受託派遣会社ClinForceとAssentを買収

    薬物動態および薬物安全性サービスのEU受託会社Akosを買収

  • 2012

    グローバル価値戦略コンサルティング企業PriceSpectiveを買収

    中国のCRO、BeijingWitsを買収

  • 2011

    国際的なヘルスアウトカムコンサルティング企業Oxford Outcomesを買収

    治験施設の業務および治験管理を専門とするFirecrest Clinicalを買収

  • 2010

    Timaq Medical Imaging Inc.を買収

  • 2009

    英国のバイオマーカー研究所Veeda Laboratoriesを買収

  • 2008

    米国のフェーズI受託会社Healthcare Discoveriesを買収

    米国バイオアナリティカルラボ Prevalere Life Sciencesを買収

  • 2007

    欧州人材グループ会社DOCS Internationalを買収

  • 2006

    アウトカムリサーチおよびとヘルスエコノミクスの専門であるOvation Research Groupを買収

  • 2005

    チェンナイにインドで初のオフィスを開設

  • 2004

    医療画像専門のビーコンバイオサイエンス社を買収

  • 2003

    英国に本拠を置くフェーズI施設であるMedevalを買収

    USコンサルティング会社Globomaxを買収

  • 2002

    人材会社Managed Clinical Solutionsを買収

    南アフリカに初のオフィスを開設

    臨床研究受託会社BPAを取得

  • 2000

    英国に本拠を置くコンサルティング会社YRCR Ltd.を買収

    ニューヨークの中央研究所設立

    バイオ分析コンサルティング会社Pacific Researchを買収

  • 1999

    中東地域初のオフィスをイスラエルに開設

  • 1998

    ナスダック取引所で取引開始

    ブエノスアイレスにアルゼンチンで初のオフィスを開設

  • 1997

    ICONのHans Werner Vossが世界初の喘息に関する臨床試験を実施

  • 1996

    ICON opens its first Asian office in Tokyo, Japan

  • 1995

    アジア地域初の拠点として株式会社アイコン・ジャパン(ICON JAPAN K.K.)を東京に設立(8月)

  • 1992

    フィラデルフィアに米国で初のオフィスを開設

  • 1991

    ウィンチェスターに英国で初の海外オフィスを開設

  • 1990

    John Climax博士とRonan Lambe博士によって、アイルランドのダブリンにICONを設立